menu
閉じる
閉じる
  1. 「天の川ほたるまつり2016」にゲンジボタルを見に行こう!日程や駐車場…
  2. 日本の蝉の種類は?代表的7種の鳴き方の特徴
  3. ラクトアイスってなに?アイスクリームとの違いは?
  4. 手ぶらで楽ちん!京都のバーベキュー場おすすめ4選
  5. 兵庫の手ぶらバーベキューおすすめ8選
  6. 大阪の手ぶらで行けるバーベキュー場おすすめ10選
  7. びわこ箱館山ゆり園250万輪のゆりの花園2015開園日程やアクセス
  8. 知らないと危ない!熱中症予防対策のたった2つのポイント
  9. 善峰寺 絶景のあじさい 2015見ごろとアクセスをチェック!
  10. 宇治川の鵜飼2015女性鵜匠も人気!開催期間と駐車場をチェック
閉じる

Tips info

「土用の丑の日」2016年はいつ?うなぎを食べる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人も大好物の「ウナギ」ですが、真夏の「土用の丑の日」にウナギを食べる風習ってなんであるのでしょうか?

そもそも「土用の丑の日」ってなんなのでしょうか?

疑問に思ったので、早速調べてみました。

なぜ、うなぎを食べるのか?理由や由来についても解説していきます。

Sponsored Links

2016年の「土用の丑の日」はいつ?

「土用の丑の日」と言えば、一般的には真夏の暑い時期で、

2016年は、7月30日(土)になります。

夏バテ防止のために、「ウナギ」を食べて、夏を乗り切りましょう。

しかし、「土用の丑の日」は夏だけでなくて、春・夏・秋・冬それぞれにあるのは、ご存じでしたか?

2016年の「土用の丑の日」

  • 冬:1月20日(水)、2月1日(月)
  • 春:4月25日(月)
  • 夏:7月30日(土)
  • 秋:10月22日(土)、11月3日(木)

「土用の丑の日」の意味について

分かりやすいように「土用」と「丑の日」を別々に解説しますね。

「土用」とは?

「土用」というのは、中国から伝来した五行説(世の中の全てが木火土金水の五つの組み合わせで成り立つという説)を四季に当てはめたものです。

冬:水
春:木
夏:火
秋:金

これでは、「土」が余ってしまっていますね。

この余った「土」は、季節の変わり目だということで、それぞれの季節の「立冬」「立春」「立夏」「立秋」の前の約18日間に割り振られ、それが「土用」となります。

夏の「土用」は「立秋」前の約18日間を指しています。

なぜ18日間なのか?
「土用」の日数は、約18日間 × 4季節 = 約72日間で、それぞれの季節の「土用入り」までの日数が、約73日間 × 4季節 = 約292日間ですので、一年間に「5行」が均等に割り振られることになります。

「丑の日」とは?

085494
「丑」というのは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支の一つです。

今は干支でしかお目に掛かりませんが、昔は一日ごとや時間ごとに割り振られていたのです。

「土用の丑の日」とは?

「土用」(季節の変わり目の約18日間)の期間に当てはまる「丑の日」と言うことです。

「土用」は約18日間あるのに対し、干支は12しかありませんので、年によっては2回の場合もあるのです。

Sponsored Links

夏の「土用の丑の日」になぜ、うなぎを食べるのか?

のぼり

一番有力な説は、平賀源内説です。

うなぎは冬が旬のため、鰻屋さんは夏場の売り上げが伸びずに困っていました。

平賀源内が知り合いの鰻屋さんに「夏の期間、うなぎが売れなくて困ってる。なんとかならないか?」と相談され、店先に「本日、土用丑の日」と張り紙をしたところ、大繁盛したのがきっかけだと言われています。

平賀源内は、「丑の日」に「う」のつく食べ物を食べれば夏バテしないという昔からの風習を利用したのでしょう。

夏にうなぎを食べる風習は奈良時代からあったようで、歌人である大伴家持が、万葉集に

「石麻呂に 我れ物申す夏痩に よしというものぞ 鰻捕り喫せ」

と記していて、平賀源内はこの歌を知っていたのかもしれませんね。

Sponsored Links

関連記事

  1. 日本の蝉の種類は?代表的7種の鳴き方の特徴

最近の投稿

  1. 6月といえば梅雨ですが、初夏の風物詩であるホタルの時期でもあります。成虫としては10日ほどし…
  2. 蝉の鳴き声を聞くと「夏やなぁ~」って思いますね。「ミンミン」とか「ツクツクボウシ」とか特徴のある鳴き…
  3. 暑ーい夏、アイスが美味しい季節が来ましたね!外での仕事が終わった後に食べるカキ氷が格別でやめ…
  4. 大阪府や兵庫県に比べれば数が少なく公共交通機関で行きにくい場所が多いですが、送迎バス付きのプラン等も…
  5. 暑い夏、川辺や林間でで焼いた肉を食べるって最高に旨い!ですね。しかし、機材を揃えなきゃならな…
ページ上部へ戻る